CONTENTS

HOME > CONTENTS

HLAB TOKYO 2014 Ending Movie

HLABのプログラムは大きく分けて4つのプログラム、Seminar(セミナー)、Forum(フォーラム)、Workshop(ワークショップ)、Free Interaction(フリーインタラクション)で構成されています。

1.Seminar

seminar2

ハーバード大学生によるセミナーは、多種多様な約25講座の中から4つを選択することができます。バイリンガルの日本人大学生であるハウスリーダーのサポートのもとで行われ、理系•文系に留まらないリベラルアーツの根幹となるプログラムです。各セミナーでは、事前課題、サマースクール本期間中の3日間のセミナー、事後課題に取り組むことで学びを深めることができ、高校生にとって新しい興味分野を発見する機会になります。昨年度は、人権問題や貧困をテーマにしたセミナーから音楽や起業をテーマにしたセミナーなど幅広い学術分野を扱いました。過去のセミナーリストなどはこちら

HLAB TOKYO 2015のセミナー一覧

  • Math With(out) Numbers
  • Game Design for a Greater
  • Logic: The Art of Thinking
  • Something worth falling for: A seminar on John Milton’s “Paradise Lost”
  • Public Service Announcement Workshop
  • The Key to Understanding South Asian International Relations: The Pashtun people
  • The Art of Improvisation
  • Introduction to Engineering Entrepreneurship & Innovation
  • Hitler, Mao, Andy Warhol: Politics and Pop Culture
  • Introduction to Spoken Word Poetry
  • Music: A Pathway to Creative Thinking & Analysis
  • Technology Trends
  • Somatic Reprogramming: The Tale of the Yamanaka Factors
  • The Architecture We Need
  • “Brain gone wrong: The quest for Self and zombies”
  • Creative problem solving – Using Entrepreneurial Innovation to Drive Social Change
  • The Importance of Mentorship
  • Creative living: A journey from generating ideas to finalizing and making decisions
  • Architecture and Intervention in Urban Conditions
  • Game Theory
  • The Economics of Education and Social Mobility throughout History
  • Leadership and Negotiation
  • Greek Mythology: imperfect Gods

※セミナー名と内容は変更する可能性があります。

2.Forum

academy

フォーラムとは幅広い分野で、国内外でご活躍されている方々による講演やパネルディスカッションです。ご登壇者の方々には、ご自身の経験を踏まえた高校生に伝えたいことをテーマに、高校生には様々なキャリアを知るきっかけとなり、刺激となることを目的としています。また、高校生、日本人大学生、ハーバード大学生の3者が場を共有し、振り返り、議論をすることで更なる考えの多様性に触れることができると考えています。昨年は、GRIPSアカデミックフェローの黒川清氏、統計家の西内啓氏、衆議院議員の河野太郎氏、演出家の奈良橋陽子氏などの方々に、東京屈指の六本木アカデミーヒルズやアークヒルズクラブにてご講演いただきました。過去の登壇者など、詳細はこちら

3.Workshop

icebreak

ワークショップとは参加者が能動的に自ら動くことにより、自己を見直したり創造性を発揮したりするために行われるアウトプットの場です。独創的な自己紹介などによって参加者の緊張をほぐすアイスブレイクワークショップや、これまでの人生を振り返りながら将来を考える自己分析ワークショップ、そしてサマースクールを通して感じたことや学んだことを参加者自らが一本のムービーにするムービー作成ワークショップなどがあります。これらは、高校生の経験を周りと共有し、様々な感情や学びを自己の経験として伝えられるよう落とし込むきっかけを創ります。

4.Free Interaction

フリーインタラクションではボーダーを越えた交流や、その交流を通して自己の興味を広げることを目指しています。そのために、幅広いバックグラウンドを持つ社会人の方々にお越し頂き、社会人•大学生•高校生が同じ目線で語るフリーインタラクション、HLABにゆかりのある方々をお招きし、交流するためのレセプションを開催し、日頃なかなか出会うことが出来ない方々との交流を積極的に出来る場を用意しています。東京という日本から世界への一番の発信地として、様々な職業や専門を持った方々が一堂に集まる環境だからこそ、高校生との対話が出来る場を提供しています。