FAQ

HOME > PROGRAM > FAQ

HLAB全般に関すること

Q.高校3年生での参加者はいますか?受験勉強と両立可能でしたか?

A.例年参加者全体の2、3割程度は高校3年生です。受験勉強については両立可能だと考えております。参考ですが、初年(2011年度)の高3生の現役大学合格率は100%でした。(ただし、団体として合格などの保証は行っておりません。)また、参加する大学生が受験勉強や進路選択の相談に親身にのります。

Q.プログラムの運営中は、誰が監督を行っていますか?

A.主催及び共催団体の職員複数名が監督責任者としてサマースクールに常駐しております。

プログラムに参加するまで

Q.海外の大学生はどのように選ばれているのですか?

A.ハーバード大学の学生だけでなく他の海外大学の間でもHLABの認知度は非常に高く、200名を越える候補者の中から、ハーバード大学の運営メンバーが一人一人面接をして厳正な審査により選抜されております。

Q.選考では何を見ているんですか?どうやったら受かるんですか?

A.学年や性別、興味関心、性格等を加味して、参加者の多様性が確保できるように選考を行うため、特別に英語力が高い学生を選んだり、逆にこれを書いたから落ちるという基準は設けておりませんので、出来る限り、自分らしさをしっかり発揮する事が求められます。

Q.受けるセミナーの内容を事前に知ることはできますか?また、選ぶことはできますか?

A.合格された方にはセミナーのリストを差し上げ、ご希望されるセミナーを第四希望まで提出していただきます。ただし、全て希望通りのセミナーを受講できるとは限りません。

Q.全日程参加できないのですが、途中参加可能ですか?

A.合宿形式のプログラムなので、途中参加・早退は不可です。全日程参加できることが応募条件となります。

プログラム中について

Q.サマースクール中の宿舎は男女別ですか?

宿舎の宿泊部屋は男女別となっております。
また、運営スタッフによる夜間の見回りも行なっております。

Q.期間中子ども/親に連絡を取りたい場合はどうしますか?

A.期間中は高校生にサマースクールに集中していただくため、緊急時以外は参加者/保護者の方へのご連絡はご遠慮していただいています。サマースクール参加者/保護者には、事前に運営事務局の連絡先をお伝えしますので、緊急時にはそちらにご連絡をお願い致します。また、宿泊所への直接のご連絡はご遠慮ください。

Q.海外大学生は日本語を話せますか?

A.日本語を話せる海外大学生もおりますが、必ずしも全員が流暢に話せるわけではありません。勇気を持って、海外大学生に英語で話しかけてみてください。

Q.英語が話せないと参加できませんか?プログラムは全て英語ですか?

A.「セミナー」は全て英語で行われますが、その他プログラムに関しては日本語と英語両方使用します。ただしプログラムに参加するにあたり必ずしも流暢に英語を操れる必要はありません。単純な語学力よりも海外大学生と積極的にコミュニケーションを図ろうとする姿勢が重要となります。House Leaderをはじめとする日本語と英語のバイリンガルの大学生が言語面では常にサポート致しますのでご安心ください。

その他のお問い合せは HLAB運営委員会 info@h-lab.co までご連絡ください