PLAYBACK 2014

HOME > PLAYBACK 2014

8/15(DAY1)

hlab2014_day1_2GRIPSで行われた開会式では、スポンサー、アドバイザーの方々から激励のお言葉をいただき、スポンサー代表として三菱商事株式会社の槙原稔氏よりお話をいただきました。開会式後は各ハウスに分かれ、レゴの高積み競争や自己表現をするアイスブレイクワークショップを行いました。アイスブレイク後は緊張がほぐれ、多くの笑顔が見受けられました。その後、高校生にとっては初めてとなる英語での基調講演を黒川清氏よりいただき、立食形式のウェルカムディナーを行いました。多様な参加者同士の会話を通し、高校生・大学生・社会人の枠を越えた交流をすることができました。

8/16(DAY2)

hlab2014_day2_2午前中にはセミナーリーダーと呼ばれるハーバード大学生によるセミナーが行われました。開講されている23種類の中から各高校生が選んだセミナーへの期待は大きく、意欲的に参加している姿が印象的でした。午後にはGRIPSにて遠藤謙氏によるフォーラムがあり、講演の後半には参加者が義足のデザインを考えるワークショップが行われました。各グループによる作品のプレゼンテーションでは、デザイン、機能の面で細部のこだわりを熱く伝えている高校生の姿が見受けられました。

8/17(DAY3)

hlab2014_day3_2午前中にはセミナーが行われ、午後にはGRIPSで朝比奈一郎氏、松田悠介氏、吉岡利代氏をお迎えした日本語でのパネルディスカッションを行いました。ディスカッションの後に、各スピーカーがそれぞれのブースに分かれ、より身近に質問を投げかけるセッションを実施しました。フォーラムの後は鳳明館の大広間にて初めてのフリーインタラクションを行い、多様なバックグラウンドを持つ沢山の社会人ゲストの方々にお越しいただきました。高校生と大学生、そして社会人が車座になり、世代を越えた活発な交流が生まれていました。

8/18(DAY4)

hlab2014_day4_2セミナー前半最後の授業を受け終えた高校生は、六本木アカデミーヒルズにてゴールドマンサックスのKathy 松井氏から日本経済や女性の就労について、またIPMU初代機構長の村山斉先生から宇宙のダークマターについての講演を受けました。その後、本郷周辺でハウス毎に夕食を取り、ハウス内での親睦を深めました。鳳明館に戻った後は、リフレクションとフリーインタラクションを行いました。

8/19(DAY5)

hlab2014_day5_5サマースクールの中間地点となる5日目にはセミナーは行なわれず、午前からGRIPSにて自己分析ワークショップが、午後にはタレントショー、ホームカミングディナーが行われました。自己分析ワークショップは、HLABアドバイザーであるアゴス・ジャパン代表取締役の横山匡氏のご協力をいただき自分の「強み」について考えました。タレントショーでは高校生と大学生が個々の特技・才能を披露しました。また、ホームカミングディナーでは高校生がHLAB過去参加者と交流する様子が見受けられました。

8/20(DAY6)

hlab2014_day6この日から、後半セミナーが始まりました。昼食時には、高校生から関心のあるテーマを募集し、そのテーマのグループに分かれ昼食をとるテーマランチという企画を行いました。「原発問題」といった社会問題から、「男子校」というような身近な話題まで、高校生の興味関心に基づいてざっくばらんに語り合う時間となりました。その後はハウスごとに分かれ、これまでの過去を振り返るPluralismという企画を行いました。これまで経験した辛かったこと、悩んできたことを共有することで、ハウスの仲間の絆がさらに深まる1日となりました。

8/21(DAY7)

hlab2014_day7_2サマースクール後半のセミナーもあっという間に半ばにさしかかり、参加者内での発言もより活発になってきました。午後には六本木アカデミーヒルズにて、『賢慮のリーダー』を題材に、ハーバード・ビジネス・スクールの竹内弘高氏にご講演をいただきました。フォーラム終了後は、本郷周辺のレストランにてハウス毎に夕食を取り、おいしいご飯と共に、この家族のような仲間たちのあたたかさをしみじみと感じました。夕食後は鳳明館に戻り、ハウス毎の一日の振り返りである「リフレクション」と、4回目にして最後となる「フリーインタラクション」を行いました。

8/22(DAY8)

hlab2014_day8受講する全てのセミナーを修了した参加者は、Apple Store 銀座店に向かい、Apple Film Making Workshop を行いました。約 1 時間の動画編集講座を受けた後、サマースクールの集大成として、期間中の様々な体験や学びをメッセージとして込めた 3 分程度のムービーをハウス毎に作り上げました。完成したムービーの上映会では、Seminar Leader から高校生へのメッセージが送られ、高校生、大学生共に涙を流す場面が見られました。濃密な8泊9日を短いムービーにまとめることに苦労しているようでしたが、ハウス毎で一丸となって創作・活動を行う最後の機会となったこのワークショップは、サマースクールを振り返り、また参加者自身の成長を体現する機会となりました。

8/23(DAY9)

hlab2014_day9_28泊9日を過ごしてきた宿である鳳明館に別れを告げたのち、開会式、フォーラムやワークショップの会場として利用されてきた政策研究大学院大学の想海樓ホールにて閉会式を行いました。実行委員長の野村による挨拶から始まった閉会式では、まずサマースクール関係者・支援者からのお言葉をいただきました。続いて Seminar Leader、House Leader、高校生のスピーチを経て、ハウス毎に大学生から高校生へのメッセージが送られました。そして最後には「メモリアル」という形で8泊9日を通して芽生えたそれぞれの思いを全体に共有する機会が設けられ、それぞれの思いを伝え合い、HLAB2014 は終了しました。