News

HOME > News > 未分類

HLAB 2018 サマースクール参加者募集開始!(募集要項)

本日、4月14日(土)よりHLAB 2018 サマースクール参加者の募集を開始いたします。
応募に関する詳細は以下の募集要項をご覧ください。なお、応募は専用サイト(my.HLAB)上で受け付けております。
高校生のみなさまのご応募を心よりお待ちしております!

HLAB 2018 運営委員会

サマースクールへのご応募はこちら


HLAB 2018 サマースクール募集要項

開催期間

TOKYO: 2018年8月14日(火)〜8月22日(水) 8泊9日
OBUSE: 2018年8月14日(火)〜8月20日(月) 6泊7日
TOKUSHIMA: 2018年8月16日(木)〜8月22日(水) 6泊7日
MIYAGI-ONAGAWA: 2018年8月15日(水)〜8月21日(火) 6泊7日

開催地

TOKYO: 東京都文京区 (宿泊施設: 鳳明館 森川別館【予定】)
OBUSE: 長野県上高井郡小布施町(宿泊施設: 小布施町公共施設など)
TOKUSHIMA: 徳島県海部郡牟岐町(宿泊施設: 牟岐少年自然の家)
MIYAGI-ONAGAWA: 宮城県牡鹿郡女川町(宿泊施設: EL FAROなど【予定】)

参加費用

TOKYO: 10万円+税
OBUSE: 6万円+税(*小布施町在住の生徒には参加費補助有り)
TOKUSHIMA: 6万円+税(条件により参加費補助有り)
MIYAGI-ONAGAWA: 6万円+税(宮城県在住の生徒には参加費補助有り)

HLABの運営には、一人当たり約36万円の参加費用を要します。
上記の参加費は、個人・企業寄付による奨学金と、350名以上のスタッフ・メンター・ゲスト講師のボランティアや持ち出し、地方自治体などの協力に支えられ、実費以下の参加が可能になっています。参加者・保護者の皆様におかれましては、将来の参加者の奨学金に充当する目的で、参加費用以外に、年間一口10000円(月々800円強)からの継続支援(任意)をお願いしております。
未来の参加者のためのご支援を、何卒よろしくお願いします。

ご寄付および賛助会員への入会は下記サイトからお願いいたします。
https://my.h-lab.co/support

また、企業人事・CSRでのスポンサーシップをご検討いただける場合は、お手数ですが担当の高田(info@h-lab.co)までご連絡ください。

使用言語

英語・日本語

募集人数

TOKYO: 80人
OBUSE: 50人
TOKUSHIMA: 50人
MIYAGI-ONAGAWA: 60人

応募資格

  1. 2018年5月1日時点で、日本・海外の高等学校、高等専門学校、インターナショナルスクールに在籍する高校生であること。
  2. ※海外のインターナショナルスクールや現地校に通われている方で、入学・進級・卒業が一般的な時期と異なる場合、info@h-lab.coまでお問い合わせください。

  3. 参加を希望されるプログラムの全日程に参加可能であり、かつ参加にあたり保護者の同意を得られていること。
  4. ※当サマースクールは合宿形式であり、途中参加や早退はいかなる理由であっても認められません。

  5. 期間中の活動、事前・事後活動に責任をもって取り組めること。
  6. ※プログラムの期間前後に、課題を課すことがあります。
    ※過去に本プログラムに参加された方の再応募は、4地域共通して受け付けておりませんのでご了承ください。

応募方法

  • まずはmy.HLABで必要事項をご登録の上、アカウント作成を行って下さい。
  • その上で表示されるアプリケーションフォームより、必要事項をご記入、選考課題へご解答の上、ご応募ください。
  • 応募後、受領の確認メールをお送りいたします。

応募から24時間経過後も連絡のない場合、info@h-lab.coまでご連絡ください。

選考問題

以下の3問に日本語・英語のいずれかでお答えください。なお、少なくとも1問は日本語、1問は英語で解答して下さい。
(2問を英語でお答えいただいた場合、もう1問は日本語で、または、2問を日本語でお答えいただいた場合、もう1問は英語でご回答ください。)

①これまでの人生を振り返った上で、「自分を形づくるもの」について具体的なエピソードを交えながら教えてください。
Looking back on your life, what has shaped who you are today? Please include at least one specific episode.
回答形式: 日本語600字以内または英語400words以内

②身近にいる同年代のなかで、あなたに影響を与えた人は誰ですか?また、その人からどのような影響を受け、自分がどう変化したか教えてください。
Who has inspired you amongst your peers? How were you inspired and how did you change?
回答形式:日本語600字以内または英語400words以内

③あなたがHLABで得たい経験や達成したい目標を踏まえて、
サマースクールが終わった後、どのような自分になっていたいか想像し、具体的に教えてください。

What kind of person do you want to be after the summer school? Please describe the experiences you want to gain and the goals you wish to accomplish at HLAB.
回答形式:日本語600字以内または英語400words以内

④自由課題(任意)(Optional)
ご自身をアピールできるものとして、文章を記入、あるいは画像や動画などの添付ファイルを提出してください。
You may submit text or degital file such as a photograph or video that expresses who you are.

開催地の選択について

HLAB 2018は、以下の4地域で開催されます。

  • TOKYO(東京都)
  • OBUSE(長野県小布施町)
  • TOKUSHIMA(徳島県牟岐町)
  • MIYAGI-ONAGAWA(宮城県女川町)

参加可能である地域・参加したい地域をアプリケーションフォームにて選択し、ご応募ください。希望地域は複数選択可能です。複数希望地域を選択の際には希望順位をつけていただきます。

注意事項

  • 一度ご提出いただいたアプリケーションフォームに加筆や情報の編集はできません。
  • 合否に関してのご質問は一切受け付けておりませんのでご了承ください。
  • 出身地域や参加プログラムによって、参加費が変動いたしますので、ご注意ください。

選考スケジュール

  • 4月14日(土): 募集開始
  • 5月22日(火)23:59: Early Action※(1次)締切
  • 6月3日(日): Early Action(1次)合格者発表
  • 6月11日(月)23:59: Regular Decision(2次)締切
  • 7月2日(月): Regular Decision(2次)合格者発表

※全て日本時間で記載しております。

※HLABでは米国大学入試制度で用いられる「Early Action」 と呼ばれる制度を採用しております。Early Action(1次)では、Early Action(1次)締切までに応募書類をご提出いただいた応募者の中で、各地域一定数を上限に合格者のみmy.HLAB上及びメールにてご連絡いたします。合格者を除いたEarly Action(1次)に応募された方は、引き続きRegular Decision(2次)選考において再度審査の対象とさせていただきます。その際にアプリケーションフォームの編集は認められません。なお、Early Action に応募されていなくても Regular Decision で応募していただくことは可能です。

※Regular Decision(2次)選考における選考対象者には、7月2日(月)時点で合格、不合格にかかわらずmy.HLAB上及びメールにてご連絡を差し上げます。

サマースクールへのご応募はこちら


SNSでHLABの最新情報をチェックする

Facebook: http://www.facebook.com/hcji.lab
Twitter: https://twitter.com/HLAB_PR
Instagram: https://www.instagram.com/HLAB_PR/

お問い合わせ

ご不明な点等がございましたら、以下のフォームまたは下記連絡先へお気軽にお問い合わせください。
メールの場合:HLAB 2018 運営委員会(info@h-lab.co
メールでお問い合わせをする場合は、氏名・所属高校名・質問内容を記載いただきますようよろしくお願いいたします。

[contact-form-7 404 "Not Found"]

HLAB 2018 サマースクール説明会@東京 開催決定

高校生の皆さま、ご入学・ご進級おめでとうございます。

 

今年度もHLABでは、サマースクールの高校生向け説明会を全国各地で開催予定です。

 

説明会の第一弾として、4月15日(日)に都内で説明会を行います。

HLABからの説明のほかに、質疑応答の時間も設けさせていただきますので、参加をご検討中の方は是非ご参加ください。

「サマースクールでは何ができるの?」「どんな人たちがいるのかな?」「応募したいけれど、不安だし勇気が出ない」「英語を使うの!?」など、皆様のご質問に対し、運営メンバーや過去参加者が真摯に対応させていただきます。
HLABサマースクールについて、一番理解していただけるイベントです。
奮ってご参加ください!!!

-----------------------
詳細日程と会場は以下の通りです。

【4/15(日)東京説明会①】

時間:13:00-14:30

会場:ANA Cross Transit 日本橋 部屋5:ロサンゼルス
(東京都中央区日本橋室町1丁目5−3 福島ビル5F)

アクセス
・地下鉄三越前駅A4出口徒歩1分
・日本橋駅徒歩6分
・JR新日本橋駅徒歩4分
詳しいアクセスはこちら(外部ページにリンクします)http://www.anaf.co.jp/cross-transit/#place

 

【Facebookページ】
https://www.facebook.com/events/2108286359457256/

 

【応募方法】
以下のリンクより応募フォームにアクセスし、必要事項をご記入ください。
https://goo.gl/forms/jIwS68Cppu5qxCzb2
また会場の都合上、定員に達し次第募集を締め切らせていただきます。どうぞお早めにご応募ください。
たくさんの方と直接会場でお話しできることを、運営メンバー一同、心待ちにしております!

HLAB 2018 学生ボード/ディレクター Rolling Admission を開始しました

この度は、HLAB 2018 学生ボード/ディレクター募集へたくさんのご応募誠にありがとうございました。
募集締め切りは9月15日(金)23:59 (日本時間)まででしたが、9月16日 (土) 20:00(日本時間)より、HLAB 2018 学生ボード/ディレクター Rolling admissionの受付を開始いたしました。
Rolling Admission制度では、合格者が定員に達し次第、応募受付を終了致します。
アプリケーションご提出の準備が整った方からapply@h-lab.coまでご提出ください。その後、HLAB 2017 ボードメンバーとの面談を行ないます。
加えて、結果発表は9月末までに順次行う予定でしたが、変更の可能性がございます。予めご了承ください。
HLAB 2018 学生ボード/ディレクター 募集要項については以下URLからご覧ください。

HLAB 2018 学生ボード/ディレクター 募集開始!


皆様のご応募お待ちしております。
HLAB 2017 学生ボード一同
*ローリングアドミッション制度とは、アメリカやイギリスなどの大学で用いられている選考方式です。願書(応募書類)が到着次第、随時書類審査を実施する方式のことです。合格者の定員に達するまで、実施いたします。

HLAB 2018 学生ボード/ディレクター 募集開始!

HLAB 2018のキックオフに先駆け、HLAB 2018に学生ボード/ディレクターとして関わってくださる仲間を募集しております。

学生ボードは中心的にHLABの運営にあたり、HLAB 2018の立ち上げから、各局における意思決定、プロジェクトマネジメントの責任を担います。学生ボードのチームは、学生代表(CEO)に加え、各局の局長であるCOO, CFO, CMOの4名で構成され、サマースクールのみならずHLABの今後の発展に向け先導していきます。
学生ディレクターは、昨年度まで部長のみで行っていた仕事を分割し、新たな役職としたものです。各局ごとで、複数のディレクターが配置されています。
開催地域の振り分けは、2018年5月頃を予定しております。5月までは、地域に紐付かない地域横断型の組織体制となります。
下記の募集要項をご覧頂いた上で、ご応募ください。
(※現在ご応募を受け付けている役職のみ記載しております。)

皆様のご応募を、HLAB 2017 学生ボード一同、心よりお待ちしております。

HLAB 2017 学生ボード一同

募集要項

求める人物像
①確固たる目的意識を持っている
HLABという環境において自分が何を成し遂げたいのか、確固たる目的意識を持って活動に取り組める人を求めます。
この目的意識は目的達成の過程において、活動を楽しみながら取り組む、また自らを支える指針となります。
すなわち、HLABとその理念に共感し、自分なりの想いやビジョンを語り、実現する事が求められます。

②チャレンジができる
仲間と伴に経験をした事がない事にも「チャレンジ」が出来る人を求めます。
すなわち、その為の土台となる「強い精神力」や「責任感」、そして実際に目的達成の為に立てた計画を実行できる事が求められます。

③チームワークを大切にできる
仲間想いで、人を信頼する事ができる、「チームワークを大切にできる」人を求めます。
すなわち、その思いを伝えるだけの「コミュニケーション能力」や、「一人ひとりに真摯に対応する力」が求められます。

現在ご応募を受け付けている役職

◆学生代表(CEO)

局長:学生ボード

◆執行局局長兼副代表(COO / Vice Executive Director of Operations)
◆財務局局長兼副代表(CFO / Vice Executive Director of Finance)
◆広報・マーケティング局局長兼副代表(CMO / Vice Executive Director of Marketing and Public Relations)

ディレクター

執行局(前:人事・高校生対応部)
◆人事研修ディレクター
◆国際人事研修ディレクター
◆アドミッションズ参加者対応ディレクター

財務局(前:会計部)
◆渉外ファンドレイジングディレクター
◆予算会計ディレクター
◆グローバルファンドレイジングディレクター

広報・マーケティング局(前:広報・クリエイティブ部)
◆ITディレクター
◆クリエイティブディレクター
◆国際マーケティングディレクター
◆広報ディレクター

CEO直下、所属局無し
◆特別戦略室室長
◆プログラムディレクター(前:委員長)

外部組織
◆コミュニティマネジメントディレクター

※局長    :前年度まで「部長」とされていた役職を部門別でマネジメントする役職。
※ディレクター:前年度までの「部長」の仕事を細分化した役職。局内の分野別統括者。

※プログラムディレクター以外各役職1名、プログラムディレクター6名(全て役職兼任不可)
※各役職の詳細についてはページ下部のJob Descriptionをご参照ください。
※応募状況などにより、第一希望役職以外での採用をする場合もあります。
※詳細はapply@h-lab.co迄メールにてお問い合わせ下さい。

応募資格

原則として過去にHLABの運営に大学生として携わった経験のある大学生・大学院生
※当日スタッフ・サマースクールスタッフも可
活動詳細
参加必須イベント
– HLAB 2018 キックオフ合宿(10月21日 – 22日)
– Weekly Meeting(週1, 2回程度)
– 総会(12月23日)
– 事前事後研修及びサマースクール(8月14日 – 26日頃)
※HLAB 2018 キックオフ合宿・Weekly Meeting共に都内開催・Skype/Hangout参加可
※やむを得ない理由で参加が難しい場合は応相談
※キックオフ合宿以降、みなさまの予定を鑑みた上で他参加必須イベントを随時更新して参ります。

日常的な活動形式

Weekly Meetingや合宿以外は、対面やメールでの連絡をベースに業務を進めます。
原則受信後24時間以内にメール返信することが求められます。

任期

2017年10月 – 2019年3月末
※原則上記の任期期間全てを通して活動に関わっていただきます。

諸手当

交通費、イベント時の宿泊費等の必要経費は原則支給(立替式)
※詳細は採用後にご説明致します。

選考方法

応募:9月15日(金)23:59(日本時間)〆切
※選考状況によってはローリングアドミッションを実施します。

面談:応募受付後適宜行います。

面接:9月16日(土)- 18日(月)
※遠方や海外にお住まいの方はオンライン(Skype/Hangout)での面接も可能です。

結果通知:9月30日(土)までに順次行います。

採用の場合はHLAB 2018 キックオフ合宿参加:10月21日(土)- 22日(日)
※面談と面接は2017 学生ボード主体で行います。

応募方法

メール件名に「ご氏名」「ご希望の役職」、メール本文に「志望理由(※字数指定なし)」をご記入の上、9月15日(金)23:59(日本時間)迄にapply@h-lab.coまでご提出ください。

※メールの件名は「HLAB 2018 学生ボード応募 Lastname_Firstname ご希望役職名」としてください。

例)鈴木太郎さんが学生代表にご応募される場合
メール件名:「HLAB 2018 学生ボード応募 Suzuki_Taro 学生代表」
お問い合わせ
応募についてのご質問はapply@h-lab.coまでご連絡ください。
ご応募・ご連絡いただいてから 24 時間以内に返信がない場合、恐れ入りますが再度ご連絡ください。

HLAB 2018の組織構造はこちら

Job decriptionはこちら

HLAB 2017 運営メンバー 募集開始!

HLAB にご関心をお持ちいただいた皆様、 この度、HLAB 2017 運営メンバーの募集を開始いたしました。
新たな教育の価値観を実現するHLABという団体を、共に作り上げていく仲間を募集しています。

下記の募集要項をお読みになった上で、ご応募いただければ幸いです。人生の転機となる最高の一年間を、最高の仲間と一緒に創りませんか。皆様のご応募お待ちしております。

HLAB 2017 学生ボード一同

HLAB 2017 運営スタッフ募集要項

 

■任期

2017年3月〜2017年12月

■年間スケジュール

 

3月:研修期間

3月上旬に、長野県で5泊6日のKick off Campを行います。社会人の方と業務を行う上で必要なメールの作法や、ロジカルシンキングなどのスキル、教育の抱える問題の構造化といったような、プログラムにおいて必要とされる知識をインプットしながら、イベントの企画運営を通してメンターとしての意識を身につけていきます。社会で活躍されている豪華な講師陣をお招きする予定です。

4月~7月:サマースクールの企画・準備期間

8月に開催される、サマースクールに向けて、コンテンツの企画、招待する社会人の方の調整、高校生の参加者募集など様々な業務を行います。研修期間に得たハードスキルや考え方・知見をフルに活用し、サマースクールを作り上げていく期間です。

8月:サマースクール開催

高校生を対象としたサマースクールの企画・運営を行います。HLABの掲げるピアメンターシップの実践を体感し、自らの学びを伝えると同時に、高校生や社会人の方々から様々なことを学ぶことができる魅力的な期間です。

9月~12月:事業構想期間

サマースクールでの学び・反省を受けて、今後HLABとして何をしていくべきか、理念ベースから見直し、来年度の運営につなげるための大切な期間です。HLABの価値観を広めていくため、社会により良い影響を与えるには何をすべきかを研究し、次年度の組織体制や予算など、HLABの根幹を作り上げていきます。12月下旬に行われる年次総会で学びを発表し、任期満了となります。

1月以降:多様な関わり方

任期満了後も、HLABは様々な形で関わることのできるコミュニティです。社会人として、来年度の大学生スタッフ、もしくはボードメンバーとして、法人スタッフとして、HLABアラムナイとして等HLABというコミュニティをより魅力的なものにするために関わっていくことができます。

■開催地

研修、定期ミーティング、総会などは基本的に東京都内で行います。
サマースクールは以下の4地域で同時開催されます。
TOKYO(東京都文京区)
OBUSE(長野県小布施町)
TOKUSHIMA(徳島県海部郡牟岐町)
TOHOKU(宮城県女川町)

■求められるコミットメント

下記のイベント全てへの参加(全日程の参加が難しい場合応相談)
●Kick off 合宿:3月8日~13日(暫定)
●サマースクール:8月11日~8月26日
●リフレクション合宿:9月中旬
●総会:12月23日
●週一回、都内(東急東横線中目黒駅周辺)でのミーティングへの参加(Skype参加可)
●サマースクール準備のために、いつでもメールでの連絡が取れること
●4月~6月頃開催される高校生説明会・座談会

■求められる姿勢

ピア・メンター意識:相互作用的な “ピア・メンターシップ教育”に参加したい方。自らがメンターとなると同時に、自らのメンターを見つけられることを社会で当たり前にしたい方
熱意:HLABの理念を理解した上で、活動に取り組むための明確な動機を持っている方。
当事者意識:集団の中で、自ら課題を設定し、人を巻き込んで物事を達成できる方。振り返りや報告等最後のプロセスまで責任を持って遂行し、任期を全うできる方。
多様性から学ぶ姿勢:多様な個々の気持ちを察する想像力と自らアプローチできる積極性を持っている方。参加者の多様な考えを受け入れ、自分の考えを発信し、様々な違いから何かを学ぼうとする姿勢のある方。

■募集人数

約90名

■運営メンバーとして就ける役職

運営メンバーとして、以下の役職のどれかを担当して頂きます。

A)セミナー作り

概要:
期間前に海外大学生と連絡を取り合いながら英語でセミナー(サマースクール期間中に高校生に向けて行なう少人数授業、90分×3コマ程)を作る役職です。期間中は基本的にペアの海外大学生と行動し、質問などに対応することが主な仕事になります。※他役職との兼任になります
仕事内容:
セミナーの企画
海外大生とのメールでやりとり
サマースクール中の海外大生の補助など

B)人事

概要:
人事の主な役割は、各地域のサマースクールに参加する大学生の統括と、アラムナイコミュニティの活性化です。House Leadingを担当する大学生がサマースクールで最大限のポテンシャルを発揮できるように研修を組み、Seminar Leaderのセミナー設計を補助します。また、HLABのアラムナイコミュニティにおける企画の実施などを担当します。
仕事内容(詳細):
大学生向け研修の設計、企画、実施
セミナー設計の統括
その他大学生のサポート全般

C)会計

概要:
会計は、各地域の予算を管理・運営すると同時に、各地域運営メンバーの経費関連事務を担います。全役職・担当と打ち合せをしながら予算の配分などを行い、サマースクールを成立をサポートします。
仕事内容(詳細):
予算の管理・運営
領収書・立替精算書の回収・整理、月末経費の割り出し、決算書の作成
物品の管理など

D)広報

概要:
広報の主な役割は、説明会や、高校への企画案内、Web/SNS運営を通して参加者とHLABを繋げることです。また、サマースクールの原点でもある、高校生との座談会の企画も担当します。
仕事内容(詳細):
説明会・座談会企画
全国の高校への企画案内
Web/SNS運営
メディアとの関係構築など

E)高校生対応

概要:
高校生参加者の申し込み受付、選考、その他質問対応やサマースクールまでの情報提供を行う役職です。高校生が安心してサマースクールに参加することができるように尽力する、やりがいのある仕事です。
仕事内容(詳細):
高校生・保護者への連絡
高校生選考
その他高校生のサポート全般
プログラム・イベント後のアンケート実施など

F)事業企画

概要:
サマースクール以外にも、HLABでは多様なイベントを企画しています。その企画・運営の主体となって動く、未来のHLABを形作る上で重要となる役職です。
仕事内容(詳細):
HLABの理念を実現するための新規企画の立案・運営
サマースクールの事前・事後プログラム(大学生向け)の設計
その他企画の運営

G)コミュニティマネジメント

概要:
HLABアラムナイを巻き込んだイベントの企画や、その連絡業務などを行う役職です。
仕事内容(詳細):
過去参加者を巻き込んだ通年でのイベント企画
過去参加者の進路追跡
その他過去参加者のフォローアップ

H)クリエイティブ

概要:
クリエイティブは、HLABの広報用資料や、グッズの企画・作成を統括します。構想やデザインが中心の仕事となり、各地域の運営メンバーと相談しながら進めていきます。
仕事内容(詳細):
デザイン担当:広報用資料/オリジナルグッズなどの企画統括・作成
写真担当:サマースクール本期間, 報告会などでの写真撮影
映像担当:サマースクール本期間での映像撮影, エンディングムービーの作成
HP担当:委託している企業の方との連携
※写真・映像担当を希望される方は、ポートフォリオの提出が必須です。デザイン・HP担当を希望される方は任意です。

■応募資格

学歴・学年不問。
海外大学からの応募も歓迎。
2017年12月時点で高校3年生でも 2016年4月以降に進学する大学が応募時に決定している場合、応募していただけます。

■待遇

サマースクール期間外(事前・事後):交通費・資料作成費等のプログラムメイキングに関わる費用は原則全額支給
サマースクール期間中:宿泊、食費、交通費は原則全額支給

■応募方法

my.HLAB(https://my.h-lab.co/)にて必要事項をご登録の上、アカウントを作成して頂き、my.HLAB上で「HLAB 2017 運営メンバー応募フォーム」に必要事項を記入、選考問題を解答してください。

選考問題

①HLABの活動への一番のモチベーションは何ですか。<300字以内>
②高校生時代の自分にメッセージを送るとしたら、何と伝えますか。<300字以内>
③過去に自分と立場や意見が違う人と協力した経験を教えてください。<300字以内>

選考スケジュール

1月9日(月):Early Application締切(日本時間、23時59分)
2月13日(月):Regular Application締切(日本時間、23時59分)
2月18日(土)、2月19日(日):面接(Regular Application締切提出者)
2月27日(月):結果発表
Early ApplicationとRegular Application締切の違いについて:
Early Application締切の1月9日(月)までに提出していただいた方は、希望の日程で随時面接を行います。
希望の日程で面接をしたい方、2/18もしくは2/19の面接日のご都合が合わない方は、Early Application締切までにご応募ください。
Early Application締切以降にご応募頂いた方は、原則として全員2/18もしくは2/19に面接を行います。
※東京都内の会場で面接を行います。
※遠方や海外にお住まいの方はSkypeでの面接も可能です。

■お問い合わせ

応募についてご質問は、apply@h-lab.coまでご連絡ください。

HLAB 2017大学生向け説明会開催のお知らせ

◆HLAB2017大学生向け説明会開催!◆
12月上旬より2017年度HLABというコミュニティおよびプログラムを作り上げていく大学生スタッフの募集を開始します!
募集開始に伴い、12月18日(日)10:30より東京大学伊藤国際学術研究センター3F中教室において、大学生に向けた説明会を開催いたします。
(12月上旬に募集要項を公開予定です。応募にあたり、説明会への出席は必須ではございません。)

●HLABとは?
「ボーダーを超えたリベラルアーツ教育を高校生に」というコンセプトのもと、2011 年に設立された団体です。

私たち大学生は自らの選択や経験を、胸を張って語ることができるでしょうか。大学での学びの意義や面白さを熱意を持って語ることができるでしょうか。人生におけるビジョンや目標を確固たるものとして語ることができるでしょうか。

振り返ってみると、自らの通う学校や塾以外の環境との接点が少ないことが原因で、私たちは限られた情報や先入観、社会通念に頼った選択をしてしまっているのではないでしょうか。私たちの問題意識は、高校段階での「選択の多様性を狭めるコミュニティーの閉鎖性」にあります。
HLAB では、私たちの後悔や経験を次世代に還元し、大学での学問と高校教育の間にある大きなギャップを埋めるべくサマースクールを始めとした様々な活動を行います。(詳しくはこちら:http://h-lab.co/)

HLABという団体に興味がある、ハーバード大、コロンビア大などの学生と交流がしたい、学問の面白さを高校生に伝えたい、自分を成長させたい、と思う大学生の方はもちろん、「HLABって何?」「HLABって聞いたことあるけど、何をやってるんだ?」という方も是非お越しいただき、説明会で疑問を解決していただければと思います!

●イベント概要
HLAB2017大学生スタッフ向け説明会
日時:12月18日(日)10:30~11:30(10:10より受付開始)
場所:東京大学伊藤国際学術研究センター3F中教室(http://www.u-tokyo.ac.jp/ext01/iirc/access.html
対象:12月1日現在高校3年生~大学・大学院に通っている・もしくは休学中の方
参加費:無料
イベント内容:HLABの概要説明・スタッフ募集に関する説明・質疑応答・グループトーク等を予定しています。

申し込みはこちらのフォーム(https://goo.gl/forms/yynUgNAGATxCk0py1)より受け付けております。当日飛び入りで参加いただくことも可能ですのでお気軽にお越しください。(こちらからHLABのイベントに関する情報をお伝えさせていただくこともございますので、事前にお申し込みいただくことを推奨いたします。)

HLAB2017大学生スタッフの募集要項については、12月上旬に公開予定でございますので、もう少々お待ちいただければ幸いです。なお、12月18日(日)14:30よりHLABの年次総会がございますので、総会およびその後の懇親会に参加をご希望の方は、お気軽にお問合せください。

その他ご不明点やご質問などありましたら、info@h-lab.coまで、お気軽にご連絡ください。

皆さまのお越しをお待ちしております!

HLAB 2017 学生ボード募集 Rolling admissionのお知らせ

この度は、HLAB 2017学生ボード募集へたくさんのご応募誠にありがとうございました。

募集締め切りは10月8日 (土) 23:59 (日本時間)まででしたが、本日10月10日 (月) 20:00(日本時間)より、HLAB 2017学生ボード Rolling admissionの受付を開始いたします。

Rolling Admission制度では、合格者が定員に達し次第、応募受付を終了致します。

アプリケーションご提出の準備が整った方からapply@h-lab.co(担当:與田)までご提出ください。その後、HLAB 2016 ボードメンバーとの面談を行ないます。

※クリエイティブ部長にご応募頂く方には、同時にポートフォリオの提出をお願い致します。

加えて、結果発表は10月18日の予定でしたが、変更の可能性がございます。予めご了承ください。

HLAB 2017 学生ボード募集要項、Job discriptionについては以下URLからご覧ください。

https://goo.gl/FyGqSI

皆様のご応募お待ちしております。

HLAB 2016 学生ボード一同

グッドデザイン賞受賞のご報告

HLABは、このたび、有形無形を問わず「よいデザイン」に対して贈られる、2016年度「グッドデザイン賞」を受賞いたしました。
1957年から60年近くにわたって続くグッドデザイン賞において、「社会的な仕組みのデザイン」が受賞する例はあまり多くなく、
「先輩から後輩へ」、「インバウンドからアウトバウンドへ」と経験が還流する仕組みを、自治体や企業も組み込みながらマルチセクターアプローチで作り上げた点が評価されました。
http://www.g-mark.org/award/describe/44544

【受賞理由】
国内外の学生や社会人が共同生活を行うサマースクールに参加し、議論し、相互に学びあい、次世代の人材を育成するプロジェクトである。地方の自治体や企業とのつながりもうまく組み込まれている。おそらく参加者にとっては、そこでの濃密な経験はもちろん、築かれた国際的な人のネットワークが今後の大きな資産となるだろう。これは2011年から開始し、すでに多数の参加者を迎えており、実績も十分であることも高く評価された。
2011年に日米の学生の発案で始まってから、7年目を迎え1500名以上の卒業生を輩出。海外大進学を支援する「柳井正財団奨学金」の設立や、この10月に中目黒に大学に紐付かない教育寮「ハウス」も運営にも着手いたしました。
今までのみなさまのご支援に深く感謝申し上げるとともに、今後共HLABを、何卒よろしくお願いいたします。
 
なお、10月28日(金)から11月3日(木)まで東京ミッドタウンにて開催される受賞展「GOOD DESIGN EXHIBISION 2016」に出展予定です。こちらにもぜひ足をお運びいただければ幸いです。受賞展の詳細はグッドデザイン賞のウェブサイトをご確認ください。